2020 December 15th, Tuesday

最近の2つの悩みと次にやりたいこと

ポエム

今日、最近のお仕事に対しての悩みと、その解決策というか、手段みたいなのが薄ら見えた気がしたので書き残します。

1 つ目の悩み

自分はやる気と何かをやり遂げる根性とか責任感とかは人一倍あると思っていて、その反面、人にやらせるより自分がやる方が早いと思うものは自分でやってしまいたいと思っていました。

そんな中、最近ある大きなプロジェクトの話がありまして。
自分以外にも複数のエンジニアがいる中、そのプロジェクトでネックとなっているのが「プロジェクトの進め方」なのです。

今までの自分はなんでも「やります!私頑張れます!」と言って中くらいのサイズのタスクは 1 人でこなしてきて、それをある程度評価してもらえてきているという自負もありました。

ただ今回のプロジェクトが「やります!私頑張れます!」ではいけない、要は一人で手に終えるものではない、というのを漠然と感じていました。

「複数人での開発の進め方」

自分はこれに対するアンサーが全く浮かばなかったのです。
何から始めればいいとか、手の付け方さえわかりませんでした。

2 つ目の悩み

また、最近人に評価してもらうということも難しいと思っていました。

評価してもらうには自分の頑張りが証明できなければいけない、とは思っていたのでとにかく自分の成果を残すことに尽力していました。
結果として、その成果に対しての評価は得られてきましたが、評価には実績の他にも「自分が何を考えて、それを実行したのか」というプロセスも評価の対象になることがわかり、ただ頑張るのではなくて「考えて、頑張る」という次のステップに進みたいと思いました。

アジャイルとソフトウェア工学

そんな 2 つの悩みを先輩に話した際に話題に上がったのが、「アジャイル」「ソフトウェア工学」。

正直自分はこれらの言葉に全くの無関心で、「自分には関係ない」なんなら胡散臭いとまで思っていて、そんなことより今は技術の 1 つや 2 つ身に付けたい、という気持ちでした。

ただ「アジャイル」や「ソフトウェア工学」は今私たちが使っている技術のフレームワークだ、と言われ、技術が生まれた経緯や考え方を知らずにただ使い方を学んで使ってるだけの自分は勿体ないなぁと漠然と思いました。

他にもチームビルディングや組織パターンとか、いろいろな本を紹介され、自分がこういうものを遠ざけ続けていたから、「考える」の材料が圧倒的に足りなすぎるのでは、と感じるようになりました。

チームビルディングは自分がそれをする時に必要になる知識、と思っていましたがそうではなく、自分がされる立場の時に、する人の気持ちや考え方を知っていることが大切だし、それが強みにもなるのかもしれないなぁと。

まとめ

結論としては、そういう概念系の書籍を毛嫌いというわけではないけど必要な時になったら読むよ、と思っていて、今が必要な時であると思いました。
本、読みたいです。